まりあ さーびすすてーしょん

てつことか義足とか。
This blog is "maria Service station".
It thinks about the railway and the artificial leg.



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. |--/--/--(--) --:--

まりあ6号始動

SBSH0347.jpg SBSH0348.jpg
いきなりですが、このドーナツ、なーんだww

これ、ソケットの底に敷いてあるフエルト@5mm。
「落ち込みの痛みが怖い」と散々訴え、普通より長めに作ってもらったソケット
今度は長めな為に、引っ張り代が出来て、断端が非常にヤバイ青紫色に。
それをブツブツ訴えたら、このフエルトを2枚貼ってもらい、見事解消。

それが・・かれこれ2年程度前の話

ここの所の激務のせいで、何だかよくわからないが
健康的にガッツリ体重が落ちて行く。
気が付いたら・・2kgぐらい痩せてた。
もうちょっと食べなきゃいけないのかなぁ・・・でもま、太るよりはいっかぁ
と気楽に考えていた所
本日勤務中、突然足首の激しい幻視痛で、義足側に荷重出来なくなる。

仕事中ですよ。しかも、人が足りなくてわっさわっさしている時ですよ。
こんな大変な時に「歩けません」とも言えず(歩いてナンボの商売)
お客さんの前ですっ転ぶ、なんて粗相も出来ず・・・困って困って
このフエルトを剥がしてみた所、何とか解消。

自分的に、断端の落ち込みが来ると足首の神経を触るような幻視痛が出る。
他の方はどうだか分からないけど。
だから瞬時に「これはソケット内の落ち込みだ」と気が付き、フエルト剥がし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
とうとうこのソケットの限界が・・・・来たようだ。(汗)

実は、今月5日に「まりあ6号」計画始動している訳で。
12040501.jpg 12040502.jpg
左画像、左側人物=若い女性の装具師さん。
「写真を撮られると、魂を吸い取られるんですよー、知らないんですか?」
と、非常にシャイなお嬢さんなので、無駄にモザイクを入れてみた。
右側人物は御馴染みU氏なのでwwモザイクなし。
今回は彼女に型を取って貰う。

12040503.jpg 12040504.jpg
今回の型取りはペタペタ方式。
前回U氏に取ってもらった時は・・・ゆるゆるで泣けたんで、今回はどうなる事やら。

SBSH0306.jpg
ははははは。
毎度毎度、この白い不思議物体は面白すぎるww
ライナーは20cm。現在は22cmなんで2cmダウン。
断端を採寸してもらった所、20.5cmだったんで21cmでもよかったのかなぁ・・・
あまり「痩せ」を促進させるのも、いかがなものかと。
その場で思い付いて進言出来ればよかったんだけど、何か舞い上がって言えなかった(汗)

現在足部はCPI中活動向け「トリビュート」。
一応、申請はCPI高活動向け「ベンチャー」でして貰う事になってる。
蹴られたら、現足部トリビュートでしばらく行く事になるかと・・

そして外観はまりあ5号と同じく、黒デニムで。
H義肢U氏もまだ未経験らしいが、PCプリントの自作シール
ヒ骨辺りにワンポイントで貼って貰おうか・・と。
うまく行くかどうかは試してみて。
ジオン公国製の、黒いモビルスーツとしてお客さんの受けが狙えたらいいなぁ、なんてww
じーく・じおん。じーく・じおん。
(自分は別にモビルスーツに嵌っている訳ではない。
息子がガンプラ好きで無駄な知識があるだけ。)

ま、そんなこんなで、まりあ6号の仕上がりが楽しみな昨今なのです。


softbank 910sh / photoshopにて加工

【ちなみに。】
義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと6
  3. | TB1
  4. |2012/04/12(木) 22:04

足部破損・交換

いやー・・・
ブログ内容が前後してしまって申し訳ないですが
先週末、貴重な連休を母に泣かれ自分の鉄旅を撤回し
隣県の温泉に連れて行って来たのです。

隣県=鳥取。
三朝温泉。ただ温泉直行直帰じゃ楽しくない、と言う実母に
それもそうだな・・と鳥取砂丘なんぞに行って来た訳です。
(自分も鉄半分)

「膝に来る。無理。しんどい。」
と言う実母をほっとき、大喜びで砂丘を走って降りて・・・・
足部(オットーボックアクション)カバー破損。(汗)

以前にも2回程足部破損。(泣)

オットーボックのアクションは、カバーが弱い。
と言うか、設計上なんぞ問題があるらしい。
かなり対策を立ててもらったが、もう、キミとはお付き合い出来ないよ・・・・

SBSH0284.jpg SBSH0285.jpg

SBSH0286.jpgとりあえず、交換までの間は足部カバー破損部にガムテープを貼って凌ぐ。
・・しかし、歩く度にぽっきり折れる感があり、非常に焦っていたり・・・・

アバウトにカバーを外すH義肢のU氏。
そして、画像撮影に対しても積極的。

・・・メカニックww


SBSH0287.jpgそのままカバーが壊れた足部「アクション」を使い続けると
靴まで破損しそうな勢いなんで、考えた挙句押入れに眠っていた
CPI「トリビュート」を臨時に再利用する事に。

左 アクション 右 トリビュート


SBSH0289.jpg・・・ごっちゃごっちゃ足まみれww


SBSH0290.jpg
鳥取砂丘を走り降りて来たよ、の証拠画像。
アクション、カバーの中まで砂まみれになってた。
さ、錆びる・・・(汗)

SBSH0291.jpg
そしてこっちはトリビュート。

SBSH0292.jpg SBSH0293.jpg
かの有名なオットーボック製トライアスの中身を見せてもらったり
トリビュートのゴム部品交換作業を目の前で見せてもらったり。
いやー、H義肢の工場にお邪魔すると、色々と面白い。

てーか、U氏が面白いのかww

そんなこんなで、アクションからトリビュートへの交換完了。
しかし、高活動向けアクションから、中活動向けトリビュートに・・・
ぐにゃぐにゃ感に非常に戸惑う。
あれ?こんなふにゃふにゃした足履いてたんだっけ?(滝汗)

ふにゃふにゃだけど反発は強く、階段等で爪先が引っかかって危ない(汗)
気を付けねば。

とにもかくにも、とりあえず足部臨時交換完了。
アクションは・・・U氏の元に、お嫁に出しました。
二度と帰って来るな。(泣)

'12 3/16


softbank 910sh

【ちなみに。】
義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと5
  3. | TB0
  4. |2012/03/17(土) 20:36

免許皆伝・・ならぬ更新

SBSH0147_20120205172122.jpg
・・・いや、単に運転免許証の更新に行って来たのです。
まるで宮殿のような建物でございますね。
こちらを利用するのは、2回目・・ぐらいかな。
それまでは、南区まで出張ってた。

SBSH0149_20120205172121.jpg色々経費がかかります。
以前はバラバラと収入印紙を渡されて、自分で貼る形式だった記憶があるけど
今回は、もともと貼ったものを渡された。親切。

そして必ず通る道。
「地域の安全のために募金を・・・」
どーのこーの。
原付や、普通車取立ての頃は訳も分からず払っていたが
それで自分に返って来るのは、結局使わない免許証収納ケース。
以前は500円だったような気がするけど、今回は1500円になってた。
そんな募金、する人もっと減るんじゃないの?ww
勿論、今回も払わない。

SBSH0150_20120205172121.jpg SBSH0151_20120205172120.jpg
12020503.jpg視力検査。
これも改善の余地ありじゃないかなぁ・・・
「ここが空いてる!」と並んだはいいけど、大型免許?やトラブル発生?で
急に全く進まなくなる・・・
銀行のキャッシュコーナーみたいに、1列に並んで振り分ける方式にすればいいのに。

かく言う自分も、渋滞を巻き起こす訳ですが。
「障害がある方は、申告してください」
何か、そんな注意書きがあったんで、元々障害はあるけど義足になってからは初めての更新。
「義足です。」
そう、申告した途端・・審査官、慌てて走り回る。ww

別窓口に連れて行かれ、状態を聞かれる。
色々話すも、なんだか要領を得ない。
そして審査官消え、そのまま10数分待たされる。
「あの、立ったままじゃお辛いでしょう・・・
向こうにベンチがありますから、おかけになってお待ちください・・」
あ、ええっすよ。電車でも席を譲ってもらった事ないし
仕事は笑うぐらいハードワークなんで。
・・・・しかし待たされる。
え、そんなオオゴト?ww
SBSH0152_20120205172120.jpg

SBSH0153_20120205172120.jpg

オオゴトだったみたいです。

立派な機械を仕込んだ別室に通され、問診開始。
「杉本さんの場合は、右足が不自由なので、左アクセル限定、と言う
条件が付いてしまいます。申し訳ないのですが・・・」
いやいや待って。
それじゃ、自己所有車が故障や車検時等、代車を全く利用出来ませんよね?
それじゃ困ります。
「でもね、右ですから・・・」
えっと、免許取得時から右足に障害がありました。
確かにその頃は、障害者手帳は持ってませんでしたが
その時に、左足をクロスさせて右アクセルを踏む、と言う選択肢も入ってましたよ?
「今はそれは出来ないんです。危険ですから・・」
・・・じゃ、左アクセル以外を運転する際は、義足で操作しろ、と?
「・・・・そう言う事になりますね。」
じゃ、やらせてください。義足で、右アクセル操作させてください。
とにかくできるかどうか、チャンスをください。

適性検査を受けられる事になった。

結果、あっさりパス。
「安全運転上、全く問題ないですね。
但し、“AT限定”と“義足着用”の条件を付けさせて頂きますが
それはよろしいですか?」
あ、オーケーっす。

てーか、右で操作する際に「右」に義足を履いてなかったら
どうやって運転するんですか。届かないでしょww

1時間講習後に貰った免許証
びふぉあ あふた

12020501.jpg 12020502.jpg
あああぁぁぁぁぁ。
ブルー免許だ。ここで違反してるからなぁ・・・・
そして条件の付き方がパねぇ。
あー・・・「義足」項目に「但し、左アクセルの場合除く」と書き足して貰えばよかったかなぁ。
ちょっと失敗。
次回はお願いしてみよう。

以上、義足初免許更新の巻。


'12 2/5


softbank 910sh / photoshopにて加工

【ちなみに。】
  1. あし
  2. | こめんと7
  3. | TB0
  4. |2012/02/05(日) 18:02

ソケット調整と、今後の展開

転職してから、かなりの距離を歩くようになり
ソケット内に、当たりが出来るようになる。

皮膚科受診(SOS)して見ると、酷く叱られ
これはやはり・・装具屋さんに突撃するべきだな、と。

SBSH0013_20111230152026.jpg → 11123001.jpg
昨年6月に撮ったソケットの画像・・・
さすが作りたて。ピカピカつやつやww

当たり傷が出来ているのは、膝下真ん中の骨(脛骨)2~3cm部分と
外側の細い骨(腓骨)上部。
だから・・・

SBSH0513.jpgこんな風に調整してもらう。

カバー外すのがめんどくさかった。
やる気無しでサーセンww


SBSH0515.jpg
のっぺりしていたソケット、ゴツゴツポコポコしているの、分かるかなぁ?
これだけの事で、かなり快適になるのよ。
いつもいつも・・・H義肢のU氏、サンクス。


さて、このブログ・・・自分の覚書の為でもあるんだけど。
日付とか、すぐ忘れて「えっと・・何年前に切断したっけ?」状態なんで(汗)
書いておこう。2008年4月18日。まだ切断して4年弱か・・・もっと長いかと思ってた。
現義足「まりあ5号」(これも忘れてた。4号だと思い込んでた)の初型取りは
2009年11月
しかし紆余曲折、2回この型で作ってもらったけど
どうにも緩すぎ、歩ける状態ではなく型取りからやり直してもらったのが
2009年12月
今が・・・2011年12月だから、型取りからまるまる2年が経過している訳だ。
U氏には「そろそろ限界かなぁ・・・作り直し申請、した方が」とお勧めされたけど
ライナーのサイズ展開が18cmまでしかない。後がないんで作り直しに躊躇がある
出来る限り、今のソケットで何とかして欲しい、とお願いすると
SBSH0499.jpg SBSH0497.jpg
何と、カタログを見せて頂けた。おおお。い、いいの?自分が見ても??

そして、自分の勘違いにもようやく気付く。
SBSH0498.jpg

現在履いているライナーは、21.5cmで、だから次は最小サイズの18cmだと思い込み。
しかし実際は、22cmを履いていて(21.5cmなんて存在しないww)下のサイズ展開は
21、20、18、16と4つもあった。
20cm以下は2cm刻みで、ちょっと不親切だけど・・・でもそこまであるなら、凄く気分的に楽。
そして現在、ライナーゆるゆるが気になって仕方ないんでどれだけ痩せているのか採寸してもらったら
21cmだった。何だ、思ったより痩せてないww
一瞬だけ21cmライナーを履かせてもらったんだけど、気になっていた太ももの締め付けも
それほどでもない。
これなら・・・作り直しを視野に入れてもいいかもしれない。

SBSH0503.jpgSBSH0502.jpg
ついでに、有名所アイスランド製のカタログも見せてもらう。
こちらのサイズ展開は、ドイツ製よりも不親切(汗)
やはり自分はオットーボックが好きかも。(・・って、他のメーカーを履いた事はないけど)

参考までに。

'11 12/26


softbank 910sh

義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと7
  3. | TB0
  4. |2011/12/30(金) 16:23

叱られる。

足が調子悪い。

職場の忘年会では、新人は舞台に立たされ
「何か面白い事をやれ」
と、強制される。
まあそう言うはじけた状態は嫌いではないので
職場と言えど、遊びだし・・と言う事で
新人出し物のリーダーをやっている。
せっかく弾けるんだから、踊ろうぜぃ!と言う提案をし
かなり本格的に、ダンスの練習をしている。
AKB48とか踊るんだよww
帰ったらぐったり寝るだけ、の勢いで。

そんな中、いつもいつもの義足トラブル。
シリコンライナーのムレムレかぶれかぶれで
皮膚に炎症が起こっている・・

昨日は激痛で、通常勤務もままならず。今日は昨日ほどではなかったけど
以前にも同じ症状で勤務中
「いつもあれだけ平気で動いているのに、今日に限ってどうして歩けないの?」
・・・系の・・・周りの冷たい視線に、困り果てた事があった為

相談の為に、皮膚科受診。
痛くて歩けない、と言うと
「あー確かに皮膚が痛んでますね。
でも、菌が悪さして炎症を起こしている、という感じでもないし
保湿して、足を休めてあげる事ですね。」
と、かわいい女医さん。

えと、それって仕事するな、って事ですか?
「あの、とりあえず痛みが酷い日が以前にもあって。
そんな時の為に、表面麻酔剤とか出してもらえると嬉しいんですけど。」

「あのさ、杉本さん。辱創、って見た事ある?
・・ない、あ、そう。
表面麻酔を施せば、確かにその場は凌げるよ。
でも、痛みがないって怖いよ。
痛くないから、気にせず動くでしょ。
そうしたら、もっともっと深い傷になって、炎症が起きて
床ずれを起こしているのと同じ状態になるよ。
もう、二度と歩けなくなるのと、足を休ませてあげるのと
どっちがいい?」

センセイ、怖いです。そんなにかわいいのに。(泣)

とりあえず・・・
ニキビ状の炎症が起きた時用に、抗菌剤
保湿用に、ワセリン
痒み止めに、ステロイド
それだけを出してもらえた。

うん、相談していく先を間違えたらしい。
皮膚科ではなく、装具屋さんだったみたい。

完膚なきまでに、叱られました。(泣)


しかし、なかなか義足って理解して貰えないね。
普段、上手く使いこなしていればいる程・・・
「ちょっと昨日今日、調子悪くってさーww」
と言うと
「えっ、風邪ですか?」
とか普通に答えられる。
「いや、足、足。足イターイww」
と、自嘲気味に主張すると
「あ、そっか。足不自由なんですね。普段、全く気にした事ありませんでした」

不自由って言うか、うん、不自由だけど
むしろ・・足ナイから。ww

義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと4
  3. | TB0
  4. |2011/12/02(金) 22:08

限界近し

シリコンライナーは、もうボロボロです。
ソケットが当たる部分は、擦り切れてシリコン露出寸前。
ソケットは、まだ何とか・・・ガポガポサイズは合ってないのは
分かってはいるけど
現在ライナーサイズ21.5cm
これ以上下げると、もう後がない。
だから、義足の作り直しにもかなりの躊躇がある訳ですが

担当技師さんでなく、たまたま居合わせた技師さんによると
「最小サイズの18cm以下になっても、子供用サイズはありますから。
対応は出来ますよ。」
でも、子供用、となると大腿部の締め付けも相当なのではないですか?
もっともっと、大腿部の筋力が落ちる、と言う結果になり得るのではないですか?
と言う問いに
「ごもっともです・・」
と言う答え。

じゃあ、ワタクシどうしたらいいんでしょうか。
まだ、今時点では歩けます。
自転車にだって乗れます。
電車の時間を気にして、疾走したりもします。
・・今時点では。
半年後、となるともう、様子は分かりません。
暗中模索、とはこの事ですな。

なるべく長く使える、息の長い義足・・
こう言うものを作って頂けるとありがたいんですが・・
断端部を締め付ける、こう言うソケットは息が短いように感じます。
すぐにサイズが合わなくなるんで。
いきなり断端が落ち込んで、激痛。
次の1歩が踏み出せなくなります。非常なまでの恐怖。
それより、TMB?だっけ?膝のベルトで締めるようなタイプの
断端に負担のかからない、膝のお皿下で受けるような設計にして頂けると
かなり長く持つように感じます。
確かにライナーへの負担は大きく感じますが
ソケット自体の作り直しは、少なくて済む、と感じています。

技師さん方の努力、ありがたく感じます。
でも、ユーザー側の声が、技師さんに届いているのかな・・・
そもそも声を発する事自体、タブー視されているのかな。
そんな疑問を持つ、今日この頃なのです。

義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと8
  3. | TB0
  4. |2011/11/09(水) 21:29

下肢切断的海遊考察・3

パラダイスアクア

下肢切断的海遊考察・1
下肢切断的海遊考察・2

片足がなくても、ジェットスキーが出来る。
片足がなくても、BOBを使えば簡単に海に潜る事が出来る。

初めての経験の連続で、知恵熱が出そうな自分。
嬉しくて嬉しくて嬉しくて、終始ニヤニヤ。
11070343.jpg「さ、姉さん。溺れてびっくりも納まったやろ。
次は、何したい?」
うーん、うー・・・ん・・・やっぱ、ウエイクボードは無理だよねぇ?
「あー、さすがにこれは。両足ないと立てないんちゃうかなぁ。」
そっか。じゃ、パラセーリングは?
「あー、これも。予約制で別のビーチでしてんねん。姉さん飛び込みやから、今回は無理やで。」
うーー・・・・ん・・・・じゃ、お勧めは?(自分、こればっかww)
「ワイルドブラスターとかどうやろな?これなら相当の事がない限り海に落ちる事もないし
姉さん、割とイケるみたいやし(どう言う意味)、楽しめるんちゃうかなぁ」
・・・じゃさ、スモウスプラッシュとかエアーヘッドは・・?
「これは“振り落とされてナンボ”の遊びやからなぁ。落とされて、また上がらなあかんねん。
上がれる腕力があればええねんけど・・後、めちゃくちゃ海水浴びるで。姉さん溺れへんか」
・・腕力、ないよ。それに多分溺れる(断言)
「じゃ、やめとった方がええんやないか?ww上がれへんかったら、続き出来へんし、溺れてパニックになってもなぁ」
そっか。じゃ、ワイルドブラスター辺りで。
「お、じゃやってみる?」

11070507.jpg
うわー、凄く楽しそうー。(棒読み)
これ、前方に付いてる紐で、ジェットスキーで引っ張ってもらうだけ・・のアメニティーなんだけど

侮るなかれ。(汗)
ジェットで、ハンドル切ってぐるぐる回る。
その後ろに引きずられるこの「浮き輪」は、もっとどんどんぐるぐる回る。
・・・酔って吐くぞ。(滝汗)
ショップのお兄さんの「姉さん、割とイケるみたいやし」発言は・・こう言う事だったのか・・・
下手な遊園地のジェットコースターより凄いよこれ。
どおりで、「一緒に乗ろうよ♪」と散々誘った友人が渋った訳だ。
我こそは!と思われる猛者は・・・どうぞ、お試しくださいませ・・・(滝汗)

後、やはり波に遊ばれる感が強くてww
所謂赤ちゃんプールのようなふわふわ空気を入れて膨らませた、柔らかい素材の上に座るんだけど
波の叩き付けで、断端が痛い。(泣)
途中で叩き付けられ、びっくりしてエアーとエアーの間に足をねじ込んで
断端を保護したけど、事前に申し出れば、断端にライフジャケットを巻く等の対応をしてくれるらしい。
(自分は、そんな事態になるとは思ってもみなかった)


パラダイスアクア。今回の一連の記事を上げるに辺り、実名を出しても良いか、もしもこの記事を読んで、障害を持った顧客が相談に訪れても対応してくれるか、との問いに対し
「ウエルカム!」
の答えを出してくれた、数少ないマリンスポーツのショップ。
・・いや、「数少ない」と言うより「唯一」と言った方が正しいかもしれない。
ただし、障害の度合いや体格によって、料金等も要相談。(・・・多分・・・)
自分は小柄な女性で、障害の程度もかなり低いんで、お姫様抱っこ(ほんとゴメンナサイ)で運んでもらったけど
大柄な男性では、そうは行かないよねぇ。
車椅子等の設備はなかったみたいだし。

最後にひとつ、一番重要な事。
健常者、障害者に関わらず「じっと待っていれば、誰かが助けてくれるさ」的な
受身な方には、マリンスポーツ自体が向かないと思う。
職を持って働く。車の運転を楽しむ。山に登る。トラアイスロンに挑戦する。
何だって、「受身」では何も出来ない。
自分で工夫して「どうやったら自分にも突破できるか」
どの瞬間でも、それを考えながら行動していないと、動けない。
そんな考え方が出来る方は、パラダイスアクアにご相談ください。
きっと良い解決策が見つかるかと。

'11 7/3.5


NIKON COOLPIX P100 / photoshopにて加工
☆CANON PowerShot G10 / photoshopにて加工

【ちなみに。】
義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと4
  3. | TB0
  4. |2011/07/19(火) 07:00

下肢切断的海遊考察・2

下肢切断的海遊考察・1

パラダイスアクア


11070343.jpgお陰様で、ジェットの操舵も経験する事が出来
って言うか、心行くまで海上をかっ飛ばすww

実は、やはり片足がないと体の踏ん張りがきかず
どうやって体を支えよう・・と、切断側の膝をシートに押し付けて操舵してみた。

海なんでね。波があってね。
ジェットが事実上、空を切って・・60cmぐらいは浮いたんじゃないかなぁ。
次の瞬間、海面に叩き付けられ
海水で濡れたシートから膝が滑り、その前方のプラスチックの角部分に強打!

いいいいいいいいだいいいいーーーー(絶叫)

あまりの痛さにハンドルを離し、膝を押さえてフリーズ。
日本語があまり出来ないインストラクターが
「ドウシタ?ダイジョウブ?」
と聞いてくれるけど、英語がほとんど出来ない自分は
「・・・ペ、ぺいん。にー」
と、指差して擦りむいた膝を見せるので精一杯ww
しばらくしたら、痛みも治まってきたんで
「大丈夫、のーぷろぶれむ」
(この数少ない知ってる英語を使う度
どこが問題ないんだ?問題だらけじゃねーかよwwと友人に笑われる)
と、続きの操舵。

教訓:膝をシートに押し付けて体を支えてはいけません。
膝や、内股でシートを挟み込むように体を支えましょう。

いや、痛かった。膝のお皿が割れたかと思ったよww

そんな大失敗をやらかしていても、ジェットスキーはめちゃくちゃ楽しくwwww
全身運動的ジェットスキーで体中ピキピキ音が鳴るような疲労に襲われつつ
擦りむいた膝をたまにさすりつつも、ビーチに戻った後もニヤニヤが止まらない。

11070342.jpg「どや、姉さん。そろそろ次行けるか?次、何やりたい??」
うーん・・・よく分からない。何がお勧め?
「BOBとか、どうやろ?海の底は、綺麗やでー」
でもー、ダイビングの診断書、取れてないよ自分・・
「こいつなら大丈夫や、診断書もいらんねんで。またがって座るだけ。足も使わへんから・・あ、耳抜きだけはせなあかんで。」
あー、耳抜きは出来るよ自分。
「こいつの乗り方は、1Mぐらいの深さの所に海に浮かべてあるから、こう、ハンドルを持って潜り込んで・・・」
あんな、自分顔付けしたら溺れるんだけど。てーか20年ぐらい泳いでないから・・(汗)
「おっ、そうか。どないするかなぁ・・・じゃ、こいつを海際にセッティングするから、まず陸でこいつに座ろか。
で、座れたらダイバー何人かで海に引き込む。これで行こか?それなら大丈夫やろ」
うん、顔をつけないんだったら多分出来ると思う・・・(汗)

・・・いやいや、何だか自分を海に入れるのは大仕事のようで・・・
ほんと、友人が言うように「問題だらけじゃねーかよ。」(滝汗)

ジェット後なんで、義足は外したまま。結構な距離があるから、片足ケンケン移動は無理。
・・・担いで移動してもらう・・・ひえぇ、ゴメンナサイ。
事前説明されたように、海際にBOBがセッティングしてある。そこに座って・・・
海の中に、BOBごとざっぱーん!!

途端に、気圧の差で耳が痛い。ほんの20cmぐらい、海水に浸かってるだけなのに。
軽くパニックになりかけながらも、あ、ここで耳抜きなのか、と
鼻をつまんで踏ん張る。何回も踏ん張る。
ダイバーが目の前に回りこんで「大丈夫?」のジェスチャーで耳抜きの確認をしてくれるから
こっちも「大丈夫」のジェスチャーを返す。

だんだん、水深が深くなって・・・

11070508.jpg
何だここは!天然の水族館!!
BOBにまたがる自分は、とても笑える図wwだけど、凄い!凄い!凄い!
魚がいっぱい!(興奮)

11070509.jpg
こんなに魚がっ!自分は笑える図だけどっ!ww

海の中は浮力があるから、ほんとに足がなくても大丈夫っぽい。
ただ、やはり体はふわふわ安定しないから、両膝でBOBを挟み込んで安定させる。

しばしの海中散歩を楽しんで(操作らしい操作はほとんどない。ダイバーに丸投げ)
耳の気圧の感じでだんだん海面に近付いているんだな、と分かる。
頭上に太陽の光を感じて、ヘルメット部分?が海上に出たのが分かって
後ろからダイバーに引っ張り出され・・顔付け状態になり、予想通り溺れる。
ほんの2秒の出来事。(汗)
何がどうなったのか、ビーチまで運んでもらい
「溺れた。溺れた。めっちゃ綺麗、楽しかった」
と、酔っ払いのような発言を繰り返す自分。(ほんと、スミマセン)

考察3に続く・・かも

'11 7/3.5


NIKON COOLPIX P100 / photoshopにて加工
☆CANON PowerShot G10 / photoshopにて加工

義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと3
  3. | TB0
  4. |2011/07/18(月) 07:00

下肢切断的海遊考察・1

SBSH0003_20110717172743.jpg
元来、いたずら(?)好きな自分は
国内であっても「旅」となると義足の外装は取っ払い
こんな感じでどこまでも出かけていく。ww
11070202.jpgんー、さすがに普段はねー
お年寄りとか本気でどびっくりして、その場でいきなり気の毒がってくれたりするんで(汗)
カバー装着。正直いちいち反応されるのがメンドクサイ(滝汗)
カバーさえ付けてれば、歩き方はそんなにおかしくないらしく誰も義足だと気付かない。
たまに気付く人がいても「装具を付けてるのかな」と思うらしく
まさか下腿切断だとは思わないらしい。

・・話が逸れた。関西空港までは、いつものこの路線を使って
3時間以上かけてコトコト移動。国内なら、どこに行くのも大して困る事はない。


11070336.jpg実は最初、グァムではなくサイパン旅行計画が持ち上がっていて
格安ツアーなんで、3種類のホテルのどこになるかが分からない、と。
その内ひとつのホテルはエレベーター未設置。
こちらの事情(義足である事)を説明した上、そのホテルだけは外してくれるようお願いしたが
障害者と言えども、選べないものは選べない、と言う回答。挙句そのホテルに決まったりして。ww
相当食い付いたが「じゃ、普通なら既にキャンセル料がかかる時期ですが特別にキャンセル料はお取しませんので」
と、事実上「障害者は海外旅行なんかしてんじゃねーよ」宣言を頂いた訳で。
(自分で相当歪んでるな、とは思うけど、事あるごとにこんな対応されるとさすがにナーバスになってしまう。)

11070335.jpgで、グァムに急遽変更になった訳ですが、こちらの島ではダイビングをするのに
下腿切断までの経緯や現在の健康状態、またダイビングが可能か
・・と言う診断書が必要と言われ。
有給ないのに、そんなの取りに病院に行けないってば。(泣)
診断書が間に合わず、結局ダイビングは諦める。
んー、障害があって、それでも行動するって言うのは・・非常に精神力を使う。

がっつり出鼻をくじかれた状態で海に行っても・・・
かなり気持ちはブルー。しかし友人に海に強制連行される。


11070340.jpg
パラダイスアクア

友人のお馴染みショップ・・らしい。
到着後、早速交渉。(自分はやはりブルーなまま「別にいいよ、何もしなくても」状態)

「大丈夫や、姉さん。潜るのはちょっとアレやけど、ジェットも出来まっせ。
やりましょ」

・・・嘘。捨てる神あれば拾う神あり、とは正にこの事か。
でもまだ半信半疑。自分、精神状態相当酷い。ww

11070343.jpg
メニュー。自分からは、とても遠い世界のようだ・・・(呆)

11070342.jpg「姉さん、何やりたい?」
・・やりたいと言われても・・・んじゃ、さっき「出来る」と言ってくれたジェットとか・・
早速ジェットスキーの取り扱い方の説明開始。
右手にレバー式のアクセル、ハンドルで左右操舵。跨って座るだけだから足は基本、使わない、と。
船舶免許も操作経験もない自分には、インストラクターが同乗してサポートしてくれる、と。
・・・・お。もしかして本当に、出来るんじゃない?原付と基本、似た感じっぽい。
ただしブレーキがないってのが本気恐怖だけど。(滝汗)


11070506.jpg☆ めちゃくちゃ「ワクテカ顔」のワタクシww
ビーチから海に出るには、6~7段程度の階段を降りねばならぬ。
ショップの兄さんや友人が「まず、義足を外して担いで・・」と言う話をしてくれていたが
階段を降りて、階段に引き寄せたジェットに座る、と言う動作は出来ると思う・・と
実際に義足で移動。そこで義足を外し、ショップ側に預ける。
後は座って、手で操作。危ない所は後ろに同乗してくれてるインストラクターに丸投げ。ww
湾に出た辺りで、操舵開始。最初、恐る恐るアクセルを開いてみたが・・
途中からベタ踏み(いや、ベタ握りかww)
大丈夫、コレなら出来る!楽しいーー!!ww

11070337.jpg11070338.jpg
パラダイスアクアの大御所「じいちゃん」wwの後ろにあるコレは、自分のサンダル(左)。
では右は・・と言うと・・・・こんな感じ。
非常にアバウトに放置状態。


11070339.jpgで、足はこう。
一旦海水に浸かった後は、極力義足装着は避けたい・・所。
だって錆びるし。ww
この画像の頃はジェットのエンジンフル回転させて、既にテンションはage。
出来るんじゃん、自分でも!(単純なワタクシ)


非常に話が長くなりそうなので・・・考察2に続く。
いや、その他色々・・もう、遊び倒したんだってばww


'11 7/3.5


※softbank 910sh
NIKON COOLPIX P100 / photoshopにて加工
☆CANON PowerShot G10 / photoshopにて加工

義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと5
  3. | TB0
  4. |2011/07/17(日) 19:30

脇解禁

姪っ子うーたんが持って来てくれたガーベラ花束(左)と
再就職支援の担当お姉さんがくれた薔薇のブリザードフラワー(右)
お花なんてさ、入院でもせにゃ貰う事ないよなー、と思いつつニヤニヤ。


さて。
右乳がんと言う事で、右胸上部に6cmぐらい、右脇の下に5cmぐらいの2ヶ所のオペ跡の自然治癒待ち状態。人間の回復力たるものたいしたもんで、みるみる治って行くんよなー。
術直後から脇の傷は専用枕を当てて、圧迫を続けてて。なんかその方が傷の為?リンパの流れの為?よーわからんけど、いいんだって。
で、普通の自分レベルのオペ後患者は、オペ翌日辺りから腕を押さえつつ‥そろりそろりと歩行開始するんだけど
自分は‥オペ跡も痛けりゃ足もない。(汗)

義足履けばえーやん、って話になるけど‥入院ってトイレやお茶汲み、下膳に洗面‥以外はほとんどベッド上で座るか寝るか、まあ寛いでる状態になるんよね。
説明すると長くなるんではしょるけど、義足装置したままベッドでなんて寛げない。足は常に圧迫状態、しかも変な方向から力がかかって妙に痛いから。
だもんで、用事のない時は義足を外して弾力包帯を巻いて寛ぐ。
‥そう、自分は切断オペから5年経過してないんで、浮腫防止の為に弾包も巻かなきゃなのよ。
長くかかって3分程度、短くて数10秒で終わるトイレ等用事の為に、いちいち
弾包外す→義足装置→用事完了→義足外す→弾包巻く→晴れてベッドで寛ぐ
って、書いてるだけでめんどくせぇー!!(泣)
いや、どれも大して時間はかからんよ。かからんけどこれを一日に10数回繰り返すのは‥自分、何の修行しょーるん?って気分になる。
だから、病院に頼んで松葉杖を借りた。‥が。
上記の通り脇にごっつい枕仕込んでるような状態で、どうやって杖を突け、と。
本来なら、それなら車椅子だ!って話になるけど‥この病院、一応外科なんじゃけど乳がんに特化してるもんで、トイレや病室のドアをいちいち閉めたり、ベッド脇が車椅子ギリ?って幅だったり、どーもそういうポイントには対応してないっぽい。
一応「あのぅ、車椅子を貸し‥」と言いかけた事があるんじゃけど
「ええっ!くっ、車椅子ですか?!」
とこっちが驚くリアクションで驚かれたんでつい
「あ、何でもないです」
って言っちゃったよ。(汗)

そんな事情もあり、ちょっとした用事の為に修行?的義足着脱を繰り返したワタクシ。
しかし昨日、脇の枕もガーゼも取れた。脇解禁なだけに、術後杖初使い。
直接傷に杖を当てないよう気を付けてるとは言え、細かい神経ぶった切ってるわリンパ浮腫はあるわでイタタ。(汗)
杖の先の滑り止めゴムは相当劣化wwしてて、滑りそうで怖い。
でも、いちいち義足着脱するよりは断然楽になったよー(嬉)

‥結局何が言いたいかと言うと
病院と言えども、専門性が高くないと義足を理解して貰えない。
‥と言う事だったりして。


【ちなみに。】
  1. あし
  2. | こめんと4
  3. | TB0
  4. |2010/11/06(土) 21:45
前のページ 次のページ

最近こんな感じ

こめんと(ありがとね)

かてごり

この人が書いてます

杉本 まりあと申します。以後よしなに。
杉本 まりあ


人生行き当たりばったり(大暴含)。
和太鼓・クルマ・洋裁・PC組立・酒等、浅く偏食的嗜好。
生活必需品の下腿義足は、なくてはならないマストアイテム。

これでもか!と言うぐらい病気に好かれる体質。がん治療完了後、またしてもがん発見。受けて立とうじゃねえかコンチクショー、乳房全摘手術に抗がん剤治療、乳房再建・・後、仕事もめちゃくちゃ忙しい。仕事しながらコレよ?
意味分かんないナンナノモウ。

めーるは↓からどうぞ
名前:  
メール: 
件名:      

ってか、ブロともする?

りんく

リンクしてくれる?

とらっくばっく

そのほか色々

オセロとか、好き?
自分結構ハマるわぁー。   
by Orfeon

  
QRコード
今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。