まりあ さーびすすてーしょん

てつことか義足とか。
This blog is "maria Service station".
It thinks about the railway and the artificial leg.



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. |--/--/--(--) --:--

3年突破

11月2日で右乳がん摘出オペから、まるっと3年。

転院してとりあえず3年がヤマと術後半年程度で聞かされ、愕然と・・・
だって、「ヤマ」だよ「ヤマ」。どんだけ危ないん。
それから、3カ月おきに定期触診・半年で乳腺エコー・1年でがん撲滅フルセットww
と言う手順で病院で検査まみれ・・・・

て事で、3年目なのです。
SBSH1765.jpg

まー・・・色々検査をするんですがww事情で画像は撮れず。
腫瘍マーカー(採血)・胴体部分CT・マンモグラフィー・乳腺エコー・骨シンチ。
これが1年に1回のフルセット。

骨シンチとかね、撮る時も出来上がった画像見るときも、すっげ面白い図なんだけど
骨の中のがん細胞を探す、特殊な撮影検査です。骨格標本が出来上がります。

まず撮影3時間前に、骨が写るように重々しい雰囲気で造影剤の注射をします。
プラスチックカニューレを使って静脈に入れるんで、結構危険なものと思われます。
きっちり3時間後に、撮影します。
膀胱が写ってしまうので、撮影前に必ず排尿するように指示を受けます。

撮影台に乗ります。
金属も写ってしまうので、時計・めがね・ピアスも全て外すよう指示されます。
自分の場合、足もまるっと外します。シリコンライナーにもチタンのピンが付いてるし
(技師さん、ガボ!と足を外す図を見て毎年必ずうろたえるww)

そして、撮影が始まりますが・・・・圧迫感があります。
50cm?四方だろうか、四角い板が天井側から寝ている自分の目の前に降りて来ます。
その近さが笑えます。鼻先ギリギリ5cm wwwwww
いや・・・圧迫感ってアンタ、ここで笑いを取るのは反則だろ!と突っ込みを入れたくなります。
頭のてっぺんから脚の先までゆるゆると板が移動(ベッドが移動?)して、撮影します。
その間中、肩を震わせて笑って・・・・10秒後に寝落ち
(さすがに1年目は何だ?何だ?とずっとビクビクしてた)
「はい杉本さん、終わりましたー」の声で、心地よい眠りから起こされる

以上、撮影終了。多分15分ぐらい。

結果報告も面白いよ。診察室に入るなりドクターが
「・・・いや、こうしてると分からないものだねー」
と、パンツスーツの自分を、頭の先から足元までじっくり見て驚く
→自分の骨格標本には、右下腿部が写っていなかったらしい
・・・先生、去年も一昨年も同じ画像見てるじゃないですかww何を今更wwwwww


マンモグラフィーや乳腺エコー・CTなんかはメジャーだろうから
検査内容は割愛。今回のマンモの技師さんは優しかった。容赦があった。
けど、目の中で火花が散るぐらい痛かった(泣)

SBSH1764.jpgえと、とりあえずがん発症からまるっと3年。
結果的に、異常はありませんでした、と。ひとヤマ越えました、と。
ただ、3年越えて「完治」が貰えるのかと言うとそうではないらしい。
結構性質が悪いタイプのがんで、3年以内骨転移率が非常に高かったんで
これで骨転移の可能性は、ガクッと減っただけだ、と
どうしても「完治」が欲しいなら・・・後2年頑張れ、と。

む・・むぅ。2年かぁ。まぁいいよ、頑張るよ。

血液検査の結果(腫瘍マーカー)
CA15-3 16.1(基準値0.0-25.0U/ml)
CEA 0.7(基準値0.0-5.0ng/ml)
NCCST 1.1(基準値0.0-7.0U/ml)
・・・何だかよく分からないが、基準値内なんでOKらしい。
CA15-3だけちょっと高め。調べてみたら乳がんに特化したマーカーらしい
解説外部リンク

とりあえず、3年突破。
無駄にポジティブなんで何か、このまま再発しない気がするww

一番悲惨だったマルガリータ(仏道修行)も、今では
胸まで届く、サラサラストレート。くるっとまとめてアップにも出来る。

人間の回復力って凄い。3年で髪って、こんなに伸びるんだねぇ。


softbank 910sh

【ちなみに。】
@心と身体
  1. がん
  2. | こめんと4
  3. | TB0
  4. |2013/11/23(土) 12:56

元気です。

最近、凹んだ記事ばかり書いていて申し訳ない・・・

6月辺りに病気の性質を担当医に聞き、非常に焦る。
他の部位ならば5年だか10年の壁を乗り越えれば
完治、とみなされるが
「乳がん」に関しては完治はない。
何10年経っても、再発する可能性がある、と聞かされ・・愕然。

実母が同じ病気をやってるから、知ってはいたんだけど・・

あれから、色々知識を得る機会があり、詳しく知れば知る程
恐怖が増す。
「そろそろ発症から1年だね。ヤマだから一通り検査、しておこうか」
と・・・・・・(ちょ、ヤマってセンセイ)
そりゃもう凄い量の検査予約を入れられる。
それが明日、とか来週、とかではなく
数ヶ月も先だったから、その間のビクビク感は相当なもの。

その頃から、右斜め後ろに常に付き従う「氏に神」の存在を感じるようになるww
これが不思議な事に、左斜め後ろとか横とか真後ろではなく必ず右斜め後ろ。
単なる思い込みか・・・ww
表面上はいつも突っ張り通していたけど実は、精神状態・・・酷すぎ。(汗)

先週、一通りの検査が全て完了。
血液検査、マンモグラフィー(激痛ww)、超音波検査
CT、そして骨シンチ。
「・・病気の性質上、骨に飛びやすいからねぇ・・・」
ブツブツ呟きながら検査予約を入れるセンセイ。
完全告知だけど、いや、ちょ、もうちょっと気を使って。(泣)

たまたま全検査完了翌日に、放射線治療科の定期健診があったんで
そこで詳しく検査結果を教えてもらった。
血液検査は主に腫瘍マーカーと言われるものをメインにしていて
血液から体のどこかにがん細胞がないか・・を探すようなもの。
問題なし。
マンモと超音波もキレイなもの。
骨シンチ、問題なし。
CTのみ・・・右肺に自然治癒した肺炎跡があった。

これは放射線治療の影響によるもので、確かに治療中は非常に呼吸が苦しく・・
何回か治療中に訴えたけど、自然治癒を待つ以外に手がなかったらしい。
いつも「あっちか痛い、こっちが痛い」と訴えているような性格の自分ww
こんなに訴えても「様子を見ましょう」としか言われない、と言う事は
またこれも、いつもの気のせいか・・と仕事を一日も休まなかったが
今回に限っては、本当に苦しかったらしい。ww
偉いぞ、よく頑張った自分。

10年近く続いている変則的貧血と、肝臓値の低さは相変わらずだけど
(これはもう体質なんだろうね、と笑われた)
とりあえず、病気発症後1年。元気である、と言う事だけは分かった。

先週まで右斜め後ろに付き従っていた氏に神の姿が、少しだけ薄くなった。

もうちょっと、頑張る。

【ちなみに。】
  1. がん
  2. | こめんと7
  3. | TB0
  4. |2011/10/30(日) 06:41

あれから5ヶ月

「かつらの色で、他部署間で問題になっている」
そう、直属の上長に声をかけられる。
最初は葛藤の嵐
「今週中に決断して」
と、上長に言われていた所を
「いえ、明日からかつら無しで出勤します」
と、決断、宣言。

現場ボスには
「週明けのタイミングがいいんじゃないの?
そしたら、“週末に髪切ったんだな”って皆思うじゃない」
と諭され
「ケモ(抗がん剤治療)を受けた事、病気になった事は
隠さなければならない事ですか?そんなに恥ずかしい事ですか?」
と、つい憤慨。
その勢いに押されたようで、それ以上、何も言わなかった。

正直な話。
もう、恥ずかしかったよ。
ずっと腰までロングを保っていた自分
こんな、サルみたいな髪型
ありえない。ありえないよお母さん助けて

でも、こんな問題、誰にも頼れない。
実母だって、自分と同じ病気になって苦しんで
女にとって、髪がなくなる、って言う非常事態
泣いて頼んだ所で、誰に替わって貰える訳でもない
自分で、対処するしかない。
強くなれ。強く、いつも笑顔を絶やすな自分。

あれから・・・5ヶ月が経過した。

単純計算して、5cm
全体で7cm伸びた事になる。

横髪、後ろ髪は随分長くなって
前髪も、何とか眉にかかりそうなぐらいに伸びた。
頭頂部はまだ長さが足りず、ぽよぽよと落ち着かず立ちまくるwwが
やっと、「女」としての自分に戻れた気がする。

常に脳裏を掠める再発の恐怖
自分の斜め後ろに張り付く、死神の存在
それだけは、自分の生活に、行動に付き従っているが
でも、生きるんだ。
人に振り回されちゃいけない。だって、自分の人生だもの。
いつそれが訪れても
「あー、楽しかった。じゃあね!」
と逝けるように後悔のないように
自分は生きるんだ。


笑え、笑顔を絶やすな。

乳がん@心と身体
  1. がん
  2. | こめんと5
  3. | TB0
  4. |2011/10/16(日) 18:23

乳腺外来

エコー撮ったけど、今回も順調。
病変は見られず・・
次回、2ヵ月後の予約を取ってあっさり終了。

しかし・・ふと気になった疑問。

「あのー・・再発って、しやすい時期とかありますか?」
「乳房内に関しては、そう言った時期は関係ありません。
半年でも、10年でも。
全身転移となると、1年から3年が一番転移しやすいですね」

しませんよぉー、何言ってるんですかww
・・とは言ってもらえなかった実際。(苦笑)
ま、そだろね。1回なったからには、ずっとそのリスクを背負っていかなきゃなんだろうね。

なっちゃうと苦しまなきゃならんから
できる限り楽しんでいかねばならぬ、とここに来て切羽詰るようになってきた
だって1回きりの人生
働いて働いて、他に楽しみを知らず
ふと気付くと再発オペ治療・・挙句氏某

そんなん、自分の人生何なんだ、って話になってくる
再発ってのはある日突然いきなりやってくるもんで
その時「まだあれやってない」って言わなくて済むように

全力で楽しむ方向に傾倒したい。
・・なんて思う・・(汗)

@心と身体
  1. がん
  2. | こめんと3
  3. | TB0
  4. |2011/06/08(水) 03:14

ヅラ撤去

「仕方ないよ。3年だけだ、我慢しなさい」
そう言われ続けた女子高生。
彼女は片親に海外の血を引いていた。
地元の由緒正しき女子高に進学した所
学校の規則である「茶色い髪は全面禁止」
脱色していた訳ではなく、元々の血の由縁で
髪の色が明るかった彼女は
勿論校則に引っかかる。
3年間髪を黒く染め、反論する事すら許されず女子高に通う
当時の時代の流れでは、当然の反応。
しかし、時代は少しずつ動いていたらしい。
その一部始終が地元メディアに取り上げられ
「人種間の課題」と、かなり大きな問題になった。

あれから・・20年ばかり経過しただろうか。
自分は色々な大きな壁にぶつかり
昨年暮れに、乳がん発覚。
ケモ(抗がん剤)の影響で髪が抜け落ちる事が分かり
それならいっそ・・・とマルゾリータに大変身。
11月から再々就職が決定してはいたけれど
治療の影響で、今年2月まで順延してもらった。

追加の放射線治療も完了し
ケモ完了後、3ヶ月程度で再生する、と言われた髪の毛も
予告どおり生えて来ている昨今。
上司から思いも寄らぬ提案をされた。
「入職時には許可していたその髪の色ですが
・・・実は、問題になっています。
事務部門だけなら押さえる自信がありましたが
他部署からの圧力が強く、申し訳ないんですが、これ以上抑え切れないです。
何とか対策を立てられないでしょうか。」

あれ、それ聞いてない。
だって、入職時にその点確認して、許可を貰ったじゃないですか。

自分が使用しているヅラは、お洒落系で髪色がかなり明るい。
真面目に控えめに、が要求される今の職場に沿わないのではないか、と
入職前に感じ、確認していたのだけれど。

直属の上司は、全面的に擁護する、と入職時に断言してくれた。
そして今に至っている訳だが。

おや、状況が変わってしまったらしい。
では・・さて、どうするか。

1. 現在使用中のヅラを黒く染める
2. サブで所有しているヅラ(2体)を使う

1. 現在使用中のヅラは、お洒落系の安物であるが故、染色には適していない。
 また、周りもヅラ=髪の毛と同等、と言う感覚で、ヅラがかなり特殊な事を理解していない。
 仮に染色が可能だとしても、そのコストは自分持ち。たかが後半年程度使用するだけのヅラに
 それだけのコストを掛けるつもりはさらさらない。
 ・・・蹴。
2. サブで所有しているヅラは、確かに現在使用中のヅラに比べれば髪色は黒い。 
 しかし何となく地毛が生えてきている現段階では、まったくサイズが合っていない。
 職場最寄駅からは自転車通勤である自分は、その風圧・また4月辺りからの春の嵐に耐え切れる自信がない。
 ・・・通勤途上でヅラが外れたら?どれだけ吉本?。蹴。

さて、選択肢がなくなった。・・なくなったら作ってみようか。
3. ヅラ撤去。

しかし、4月上旬からやっと生え始めた髪の毛。
まだまだ長い所で2cm程度。ヅラ撤去するには、かなり早い段階。
でも、常々考えていた
「どの段階なら、ヅラ撤去できる?何cm生えたら?若しくは、前髪が眉にかかるまで?
・・そこまでの時間は、いかばかり?それまで、このうっとうしいヅラをかぶり続けねばならない?
そして、いくら直属の上司が反論しても、聞く耳持たなかった他部署の上長の心の狭さはいかばかりか
あがいても、通じないかもしれない。でも、自分なりの反論の表現をしてみよう」

うん、君に決定。

かなり、かなり、かなり悩んだけど
これはズラ撤去のいいタイミングかもしれない、と。

本日、ヅラなし初出勤。

周りが息を呑むのが分かる。
見て見ぬふりをするのが分かる。
若しくは本当に気付かず、数時間後「ええっ!!???」と声を上げ
「すっ、杉本さん!びびび、びっくりしました!
誰だか分からなかったですよ。新人さんが来たのかと思ってました。
また随分短く切りましたね、すっきりはしましたけど」
と、驚きの表情で声を掛けられるwwいや、非常に面白い反応wwwww
「えへへー。すっきりしたでしょー?」
と答えると
「でも、夏は毎年そこまで切ってるんですか?
1年で昨日までの長さに伸び・・・ます???」
と、不思議そうな表情。
「いやー、実は治療したんですよー」
と答えると、明らかに挙動不審ww
「いや、見慣れない可愛らしいもんちっちみたいな人がいるなー、と・・・(オロオロ)」
それ、ゴリラ系レンホー議員って事ですか??wwwwww
「本日から派遣されました新人でーす、よろしくお願いしまーすww」
と笑いながら答えると
「はぁ・・・・(滝汗)」
と逃げるように去って行く。ナイスリアクションwww

ま、そんな感じで、面白い反応が多数返ってきた。
「しかしすっきりしましたね」
「髪が、髪が(ニコニコ)」
「私もかなりショートだとは思ってましたけど、負けましたねww」
「似合ってますよ、かっこいいです」
「杉本さん、小顔ですねー」(前のヅラが盛り系でもっさりしてたせいww)
「どうです?感覚的に何か変わりました??」

いや、変わりましたよ。
まず、ヅラの締め付けの頭痛がなくなった。
朝、職場最寄駅に到着して、自転車に乗った時・・髪に風を感じるのには驚いた。
長らく封印されていた感覚。職場でエアコンの風が当たる度にキョドる自分が面白すぎる。
そして、鏡に自分が映りこむ度、どびっくりする。
何だこの女性用事務服を着たオッサンは。www

慣れるまで、しばらくかかりそうだ。ww






【ちなみに。】
@心と身体
  1. がん
  2. | こめんと8
  3. | TB0
  4. |2011/05/18(水) 21:59
前のページ 次のページ

最近こんな感じ

こめんと(ありがとね)

かてごり

この人が書いてます

杉本 まりあと申します。以後よしなに。
杉本 まりあ


行き当たりばったり(大暴れ含)。
峠・鉄・コンデジ・洋裁・PC組立・酒等、浅く偏食的嗜好。最近のマイブームは、峠(クルマ)と和太鼓。
生活必需品の下腿義足についても、素人レベルで研究中。

これでもか!と言うぐらい病気に好かれる体質。がん治療完了後、何事もなく5年経過。完治宣言GET、背中でふわふわ揺れる髪で実感する今日この頃。

めーるは↓からどうぞ
名前:  
メール: 
件名:      

ってか、ブロともする?

りんく

リンクしてくれる?

とらっくばっく

そのほか色々

オセロとか、好き?
自分結構ハマるわぁー。   
by Orfeon

  
QRコード
今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。