まりあ さーびすすてーしょん

てつことか義足とか。
This blog is "maria Service station".
It thinks about the railway and the artificial leg.



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. |--/--/--(--) --:--

1年前の今日

オペ当日。

予定オペだった為事前処置を施してもらい
9時開始のオペに合わせ、8時過ぎに病室出発。
「車椅子で行く?歩いて行く?」
と聞かれ
痛みで唸り声が出そうだったけど、自前の足で歩くのもこれが最後、と
松葉杖でオペ室まで行った。

実母が付き添い
後ろから自分が歩く姿をデジカメで撮影。
恥かしいからやめてくれ、と言いたかったのを
親の気持ちも分からないでもない為、ぐっとこらえた。

親だって、辛かったはずだ。

オペ室に入り、着ているものを全て剥がされ
点滴等処置を施してもらい
ツーンと匂う空気を吸わされ、意識を無くす。

意識が戻る。途端に激痛。
看護士さんが
「杉本さん、オペ無事に終わりましたよー」
と声を掛けてくれるものの、激痛で返事すら出来ない。
七転八倒していると担当医が様子を見に来て
腰椎尖刺(非常に強い麻酔)を施してくれる。

よく効いた。
やっと落ち着いて時間を聞くと、すでに2時間半が経過していた。
全身麻酔は何度も経験しているが
相変わらず、一瞬うとうとしたつもりが
何時間も経過している。

オペをした足が見たくなった。
「見せて」
と言うと、看護士さんは少し慌てて
「今はちょっと・・・待ってね。」
と答える。
なんだかよく分からなかったが
自分の足は、慌てて隠さなければならない状態なのか
・・と言う考えに行き着き
辛くて仕方なく、その場で号泣。

全身状態が安定し、病室まで戻る事になり
実母が迎えに来たが
自分が泣き続ける理由はよく分からなかったようだ。
敢えて、説明もしなかった。


その後は激痛と
薬が効いてうとうと寝る
その繰り返し。
そんな状態が二日続いた。


怒涛の日々。

【ちなみに。】

切断した足を、どうしますか?
と事前に聞かれた。

今まで付き合った体の一部だから、お骨にして残して置き
体全てが来世へ旅立つ時、一緒にお棺に入れて欲しい、と切望する人もいるようだ。

自分は
要らないです。
焼却処理してください。

その代わり、レントゲン写真とMRI画像、
そして切断直前、オペ室での右足のデジタル画像をください、
とお願いした。

今でも自作PCのHDDに、大切に保管してある。
義手・義足@心と身体
  1. あし
  2. | こめんと0
  3. | TB0
  4. |2009/04/18(土) 00:00
<<菜の花 | ホーム | 入院@1周年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mariass.blog50.fc2.com/tb.php/175-7db85e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近こんな感じ

こめんと(ありがとね)

かてごり

この人が書いてます

杉本 まりあと申します。以後よしなに。
杉本 まりあ


行き当たりばったり(大暴れ含)。
峠・鉄・コンデジ・洋裁・PC組立・酒等、浅く偏食的嗜好。最近のマイブームは、峠(クルマ)と和太鼓。
生活必需品の下腿義足についても、素人レベルで研究中。

これでもか!と言うぐらい病気に好かれる体質。がん治療完了後、何事もなく5年経過。完治宣言GET、背中でふわふわ揺れる髪で実感する今日この頃。

めーるは↓からどうぞ
名前:  
メール: 
件名:      

ってか、ブロともする?

りんく

リンクしてくれる?

とらっくばっく

そのほか色々

オセロとか、好き?
自分結構ハマるわぁー。   
by Orfeon

  
QRコード
今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。