まりあ さーびすすてーしょん

てつことか義足とか。
This blog is "maria Service station".
It thinks about the railway and the artificial leg.



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. |--/--/--(--) --:--

因美南線巡礼

教科書P174-191を巡礼

今回のルール:
・画像は、看板にこだわらず、駅舎、または線路とする
・教科書に記載のない駅も、全て回る
・因美南線(岡山県内)のみとする
・softbank 910sh画像とする


番外・東津山 姫新線P203
SBSH1130.jpg

高野 P176-178
教科書P177下段右画像の「安全の誓い」は撤去されていた
SBSH1132.jpg

美作滝尾 P178-179
SBSH1133.jpg

美作滝尾貨物積み出し本屋 記載なし
SBSH1134.jpg

三浦 記載なし
SBSH1136.jpg

美作加茂 記載なし
SBSH1139.jpg

知和 P180-181
SBSH1142_20120812221653.jpg

美作河井 P183-184
SBSH1147.jpg

転車台(P188-192)は、草生していたが、何とか進入・撮影に成功
SBSH1151.jpg

以上、因美南線巡礼。


softbank 910sh

【ちなみに。】
スポンサーサイト

  1. 駅(県内)
  2. | こめんと3
  3. | TB0
  4. |2012/08/12(日) 22:32

三石煉瓦巡礼

教科書P16-31を、くまなく辿ってみる

今回のルール
・全てsoftbank 910sh画像とする


三石駅 P16-17
SBSH1056.jpg SBSH1057.jpg

SBSH1092.jpg今回も駅構内まで侵入
・・・えっ、三石ってICOCA使えない区間なんだ(汗)
岡山県内山陽本線は、全て使えるものだと思い込んでた


小屋谷川拱渠 P18-19
SBSH1091.jpg SBSH1088.jpg
上郡方の三石駅構内にある

P18のこの一節に翻弄され、かなりの時間駅構内をウロウロ・・・
駅員にも教科書持参で質問するも、和気からの応援駅員だった為
詳細が分からず。
実際は、「駅の真下を連絡する通路」だった。
岡山方から三石駅に向かい、左に道なりに折れた先右側にある通路。
・・・・先生、散々探したよ。分かり辛い表現だよ・・・(泣)
ちなみに土木遺産表示は「小屋谷川橋梁」となっている
SBSH1090.jpg

三石金剛川拱渠 P20-21
自分撮り画像はショボいが、実物は圧巻。是非とも目視確認されたく。
下り線方 赤煉瓦と花崗岩
SBSH1058.jpg

上り線方 焼過煉瓦と花崗岩
自分、焼過煉瓦大好き。めっちゃ綺麗
上り線方の方が先に作られたらしい・・が、同行人には逆を教えたかもしれない。(俺汗)
SBSH1059.jpg

野道架道拱渠 P22
野道架道拱渠は、三石金剛川拱渠から少し西寄り。住宅地と三石運動公園の間にある。

・・・・これも嘘を教えている。
住宅地を抜けた向こうは、学校のグラウンドだと言ってしまった。(泣)
下り方
SBSH1061.jpg

三石避溢拱渠 P22-24
・・・先生の教科書は、難しい漢字だらけで読めない(泣)
避溢は「ひいつ」拱渠は多分・・「くきょ」?
正しい読み方を知っている方、突っ込みプリーズ

斜めアーチ・・上り方(下画像)は西側が高いが下り方は東方が高い。
この上部は一体どうなっているのかww不思議でたまらない
SBSH1065.jpg

三石架道橋 P24-25
下り方 焼過煉瓦。道の脇に花が咲いていた為、一緒に入れてみた
三石駅付近のアーチ橋群の概要は概ね次の通りである。
1.煉瓦造アーチ構造。「三石架道橋」は欠円アーチだが、それ以外は半円アーチ構造。

P18より抜粋
SBSH1069.jpg

SBSH1055.jpg野谷金剛川橋梁 P24-26
・・画像が大量なんで、何がなんだか分からなくなって来たぞ。(汗)
橋脚は上り方のみ煉瓦と花崗岩積み。下り線はコンクリート
逆光なんで、画像酷すぎ



SBSH1054.jpg

上り線の橋台の角には弧状煉瓦が使われ、仕上げが美しい。ところが、下り線の橋台に弧状煉瓦はない。反面、下り線橋台には鼻黒が規則正しく並ぶ堅積みの技法が見られる。この違いは、開業当時は意匠にこだわったが、明治後期は工費・工期を節約することに重きを置いたことからくるものではないだろうか。

P26より抜粋
SBSH1053.jpg

SBSH1072.jpg中奥里道架道拱渠 P26-27
上り線方側壁は弧状煉瓦


SBSH1071.jpg

SBSH1073.jpg下り線方
どんどん撮り歩き、頭がボーッとした所で辿り着いたこの拱渠。
「・・・・・・・・・ん?」と違和感を感じたが、何がおかしいのか分からずとりあえず撮影。
原因は側壁と面壁が花崗岩だった事なんだなぁ。
帰って教科書を確認し、やっと気付く(←おバカ)


SBSH1070.jpg

SBSH1078.jpg池の内農作道拱渠 P28-29
上り線方は側壁に弧状煉瓦が使われている


SBSH1077.jpg

下り線方はやはり橋壁・側壁が花崗岩積み。
SBSH1074.jpg

SBSH1084.jpg金谷西バス停付近の架道橋 P30-31
・・・・・・・・・・・・・・・アーチじゃなくなった・・・・・
煉瓦積みアーチがいかに貴重で綺麗なのか、をここに来て実感。
でも、上り線方は側壁が弧状煉瓦


SBSH1082.jpg

・・・下りに至っては、もうすでに煉瓦のかけらもないし・・・
いや、自分花崗岩も好きだけどね。うん、好きよ。うん。
SBSH1079.jpg

以上、三石煉瓦巡礼
ご静読、ありがとうございました。


'12 7/21


softbank 910sh


【ちなみに。】
鉄道@趣味・実用
  1. 駅(県内)
  2. | こめんと4
  3. | TB0
  4. |2012/07/22(日) 16:58

伯備線巡礼

教科書にハマった(ハメた?ww)職場のてっちゃんを引き連れ、伯備線を南から全駅巡ってみた。
今までも教科書片手に伯備線は何度も辿っているが、有人駅は入場券を買い
駅舎も残ってない駅まで全駅くまなく・・と言うのは初めての経験

今回のルール:
・岡山-倉敷間は「山陽本線」とみなし、省く。
・岡山県内のみとする。
・教科書に記載のない駅も、全て回る。
・全駅の看板を、softbank 910sh画像として残す。
・駅舎・ホーム構造等は今回は割愛する。

清音 P232-233
SBSH0960.jpg

総社 記載なし
SBSH0965.jpg

豪渓 記載なし
SBSH0971.jpg

旧日羽跡 P243
朽ちて垂れ下がっていた看板枠はなくなり、支柱1本が残るのみになっていた
哀しい
SBSH0973.jpg

新日羽 P241(記述のみ・画像なし)
SBSH0976.jpg

美袋 P233-235
SBSH0978_20120716113919.jpg

備中広瀬 記載なし
SBSH0984.jpg

備中高梁 P235-236
SBSH0989.jpg

木野山 記載なし
SBSH0992.jpg

備中川面 記載なし
SBSH0994.jpg

方谷 P237-238
SBSH0996.jpg

SBSH0995.jpg
個人的には、美袋駅についで文化財登録して守っていきたい駅のひとつである。

(P238より抜粋)
先生の熱意の賜物か、方谷駅は有形文化財登録されていた
ホッとした、と同時に涙が出そうになったww



井倉 記載なし
SBSH0997.jpg

石蟹 P238
SBSH1011.jpg

新見 P239-240
SBSH1012.jpg

布原 P250-252
SBSH1018.jpg

備中神代 記載なし
SBSH1023.jpg

足立 記載なし
SBSH1027.jpg

新郷 記載なし
SBSH1032.jpg

購入・使用した入場券
SBSH1037.jpg


以上、1日で伯備線全駅巡り
終了。


'12 7/15

softbank 910sh

【ちなみに。】
鉄道@趣味・実用
  1. 駅(県内)
  2. | こめんと6
  3. | TB0
  4. |2012/07/16(月) 12:13

院庄駅@姫新線

親記事:鉄道遺産を歩く@小西伸彦氏著
掲載なし

10101302.jpg
10101301.jpg院庄を見に行ってきた。
何度か岡山お出かけパスでこの駅を通過。夏のお出かけパス時、縮小された木造駅舎を目視確認し
「うっは!」(何だかお約束な反応だなぁこれ・汗)
となり、訪問を決意。


10101303.jpg10101304.jpg
玄関と改札を、待合から臨む
無人駅、待合のみ残して撤去されている

10101305.jpgホームから西を望む


10101306.jpg
駅舎の柱(うっは!した木造部分)と、東レール
かつては駅構内は複線化されていた事が伺える
対面ホームがあったかは不明

10101307.jpg駅舎東の壁
正面側に続いていた執務室を撤去したものと思われる(詳細不明)


10101308.jpg10101309.jpg
意外と列車本数が多い
新見方はもっと・・・2~3時間に1本だったと記憶

10101310.jpg
歴史は意外と古く、建物資産票には
大正12年6月の表記が見える。

最近、どんどん駅舎が壊されて切ないけど
院庄のように、縮小してもいいから残して欲しいね。

'10 10/13


NIKON COOLPIX P100 / photoshopにて加工

【ちなみに。】
鉄道写真@趣味・実用
  1. 駅(県内)
  2. | こめんと3
  3. | TB0
  4. |2010/10/14(木) 19:54

林野駅@姫新線

親記事:鉄道遺産を歩く@小西伸彦氏著
P200-201
SBSH0230.jpg

SBSH0226.jpg

約1年前、同じ季節に姫新線(岡山県内津山以東)巡りをした事があったりして
でもその頃は、教科書初心者・・そんなに古くなさそうに見えたこの林野駅、あろう事かスルー、通過してしまった。つー事で、訪問。

SBSH0211.jpg補修の手は入っているものの、古くて善い駅。湯郷温泉の玄関駅、タクシーが数台スタンバっている。
(この後湯郷周りで帰宅したが、思っていたより温泉街に近かった。)


SBSH0212_20100519113215.jpgSBSH0232.jpg
窓口と待合
無人で閑散としている、そんな駅が多いこの沿線だが林野は駅員が常駐。待合にも人がいて、活気がある。

SBSH0213.jpg改札は石で出来ている
美作江見等と似たタイプ


SBSH0214.jpg駅本屋側から見たホーム
かつて交換設備があったようだが、今は本屋側線路は撤去され埋め立てられている。
島式ホームの30cm向こうにフェンスが設置され、立派なマンションが建っている様子は違和感がある。


SBSH0218.jpgSBSH0219.jpgSBSH0221.jpg
上屋の支柱は古レール。
文字が浮き出ている箇所が確認できたが・・・いかんせん横文字に弱いんで、読まない。(汗)
詳しく知りたい方は、教科書チェックよろしく

SBSH0220.jpg上屋建物資産票は昭和30年3月。
ちなみに本屋の資産票を結構本気で探したけど・・・見付けられず。
教科書にも表記されてない・・・うーん、資産票・・・どこだ。


SBSH0217.jpgSBSH0225.jpg
足元はコンクリ。延長部分は骨組みのみ

SBSH0215.jpg駅の周りには遊んでいる土地がたくさん。
分譲売却されたらしい部分も見受けられるが、残っている土地と本屋の規模から、かつては非常に大きな駅だった事がうかがえる。


SBSH0228.jpg

※動画


'10 5/12


softbank 910SH
※softbank 910SH/Windows Liveムービーメーカー


鉄道@趣味・実用
  1. 駅(県内)
  2. | こめんと7
  3. | TB1
  4. |2010/05/19(水) 11:59
次のページ

最近こんな感じ

こめんと(ありがとね)

かてごり

この人が書いてます

杉本 まりあと申します。以後よしなに。
杉本 まりあ


行き当たりばったり(大暴れ含)。
峠・鉄・コンデジ・洋裁・PC組立・酒等、浅く偏食的嗜好。最近のマイブームは、峠(クルマ)と和太鼓。
生活必需品の下腿義足についても、素人レベルで研究中。

これでもか!と言うぐらい病気に好かれる体質。がん治療完了後、何事もなく5年経過。完治宣言GET、背中でふわふわ揺れる髪で実感する今日この頃。

めーるは↓からどうぞ
名前:  
メール: 
件名:      

ってか、ブロともする?

りんく

リンクしてくれる?

とらっくばっく

そのほか色々

オセロとか、好き?
自分結構ハマるわぁー。   
by Orfeon

  
QRコード
今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。